スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日が最後の夜!

復帰しました。
振り返ってみて、怒涛の数日間だった気がします。



手術の順番は私が一番最後だったのだけど、一人キャンセルが出たとのことで
だいぶ早めの手術になりました。

手術着を着て、筋肉注射打ちますね~と言われて5分くらい。
母親と雑談してる最中から記憶がぷっつりと途切れてて、
気づいたらいろんな人に囲まれ、酸素マスクをつけられながら
「終わったよーおつかれさま」というくらいあっけないものでした。

昔、足の手術をしたことがあるのだけど
その時は下半身麻酔で術中に何度か目が覚めたので、
今回も目が覚めるかなぁと不安だったのだけど、まったく目覚めなかった。よかった!


そんな感じで手術自体はあまり苦痛もなくサックリ終わったのだけど
術後の夜と翌日がキツかった。

手術後はリカバリー室というところで一泊したのだけど
他の術後患者さんも運ばれてくるところなので、他の人のイビキやら
看護士さんの動き回る気配やら、一定の間隔で自動で血圧測ってくれる機械やら
色々なものが体に巻きついてたり、色々な音がしてあまり寝れない。
痛みのほうは薬で押さえてるので問題ないのだけど、吐き気がひどくて
吐き気止めや眠剤を何度か打ってもらった気がします。

翌日の朝は自室に戻れたのだけど、だんだん麻酔が切れてくるので
痛くて動けないのと、寝っぱなしでいることで腰が痛くて仕方ない!
どれくらい痛いかって、傷よりも腰がいたいくらい。

誤魔化そうと横を向いたり少し体制を変えてみるのだけど、あまり変化なし。
寝て過ごす機会の少ない人は、この腰の痛みに悩まされるそうな。


で、少し話が変わるけれど、今回の手術は腹腔鏡手術といって、
おなかに3箇所穴をあけて、おへそからカメラを入れるという術式でした。
視野を確保するために、ガスを体内に入れておなかを膨らませてオペするそうで。
術後はこのガスを抜くのだけど、全部は抜ききれないようで、
若干体内にガスが残るみたい。

ガスなので上のほうに昇っていくらしく、
あばらの下あたり、両肩あたりにガスがたまり・・・・

このガスのせいで、今でも両肩や胃のあたりが激しく痛みます。
こればかりは、体をなるべく動かしてガスが自然に抜けるのを待つしかないみたい。

おなかのなかに入れたガスが肩まで上がってくるなんて・・・
なんだか不思議ですねぇ。。。



傷自体はまだ生々しくて痛むのだけど、術後の経過は良好らしく
明日に退院できることになりました!

かなりゆっくりだけど、歩けるようになったし、
なぜか病室では寝ることができなくて毎日眠剤をもらっていたので
帰れるのがありがたい。

家でゆっくりするぞーーー。




でも職場には、水曜日から復帰できるとは思う、と伝えていたのだけど
歩くだけで息切れするので、とてもチャリに乗って職場まで行けない気がする。

どうしたもんかなぁ・・。






それにしても、家から通える範囲に開腹手術せずに済む病院があったなんて
すごく運がよかったなぁと思ってます。

COMMENT

ほぅほぅ…
ガスが肩まで?
なんかいろいろ大変そうだけど
ひとまずよかったね!

  • oreo#-
  • URL
  • 2012.03.18(Sun) 22:13
  • Edit
>oreoさん

肩まであがってくるらしいんですよ。
おなかだけにとどまってそうなイメージだけど、びっくりですよね。

大変でしたが、終わってみたらいい経験でした!
ありがとう!!
  • ユウ#-
  • URL
  • 2012.03.19(Mon) 08:25
  • Edit
知った通りにできましたぞー!!
ちゃんとゆっくりしていますように:)
  • j#-
  • URL
  • 2012.03.20(Tue) 11:56
  • Edit
>jさん

今日は祝日だったのでゆっくりしようかと思いましたが
お見舞いに来てくれた人へのお礼の品を買いに出かけてきました。

体力がなくなってるみたいで、後半はかなり疲れちゃいました(´ヘ`;)
  • ユウ#-
  • URL
  • 2012.03.20(Tue) 22:41
  • Edit
Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。